13回目の企画。

7月6日(土曜日)
朝からアレやコレや聴きながら作業。Mac Bookの印刷設定が謎すぎてどうしようもなかったので、Windowsを使ったら設定も何も無しでサクッと印刷することができた。Windows流石っす。前までできてたのにどうしたことやら。リリース予定の音源の製作最終段階の袋詰めを行う。コレが知らない誰かの手に届くのかーと思うと凄くワクワクする。まだ言えないけど、あと少しあと少し。アコースティックギターの製作過程でクラシックを聴かせるというのがあるらしい。今日はDinosaur Jr.を聴かせておきましたとさ。ギターはわからんけど、レコードは全く意味ないけどね。コルクを抜いたような音でアルバム始められる人になりたい。(全く意味はない。)

大須へ行く。こうも暑いもんだから冷かけうどんを食べてからバナレコへ。Pinball ManiaのレコードとBy Twhe Grace Of Godの7インチを購入。外へ出るととにかく暑かったのでハシゴは諦めて車へ避難。とりあえずボーッとした。

studio flamへ行き、店の前でめちゃくちゃ常連客ですよ感で馴染んでいたdimensions of chordと初めての遭遇。しばらくしてENSAも到着してstudio flam内が一気に北関東となる。そういえば、北関東と呼ぶのはタブーなのかと思っていたけど意外とそうでもないようだ。話を聞くと南東北とも呼ばれるらしい。三重県が東海なのか関西なのか近畿なのかみたいなそんなところなのかな。

今回惜しくもキャンセルとなってしまったuntoldの代わりに何かやれる方を2日前くらいから募集したんですが、そんな急にはやはり難しいようで、各バンド長めにやれるようにしようと伝えたが、17時から会場準備とCrows Caw Loudlyのセッティングをしていると、「出れるバンドがいる」と連絡があったので来てもらうことにした。Before the Finaleというバンドで、数時間前に初めてスタジオに入っていたとのこと。めちゃくちゃ急だけど凄く嬉しかったしありがたかった。そんなこんなでバタバタしつつも定刻通りライヴ開始。

Crows Caw Loudly、久しぶりのstudio flamでのライヴだったと思う。やっぱコレだわと思うようになってしまったので完全に僕の中でホームみたいになってしまった。まだライヴやるようになって5年くらいしか経ってないはずだけど。ここを見つけてだいぶ色々変わった気がする。いつもありがとうございます的なライヴができたのでは。(意味無し)

dimensions of chord、カセット発売時にどこかのレビューで見て気になり、名古屋record shop ZOOでカセットを購入。そしてbandcampで過去作も聴き惚れ込んで一緒にやりたいなぁと思っていてようやく実現。Dischordのバンドとか結構好きみたいでとにかくシブい。ベースが終始ブイブイイワしてたのが最高でした。知らないこと沢山あって当然だけど、知らなかったバンドを知って対バンしてより知れるってのは最高がすぎる。

Before the Finale、初スタジオからの初ライヴというガッツに感謝。初スタジオ明けとは思えぬクオリティーでした。僕はギターの速弾き全くできないので見てて「やべぇ」と笑いが止まらなかった。一生弾き倒してたもんなぁ。左手もだけど右手どうなってんだ?と初心者ばりの見方してました。本当に急遽な中で協力してくれてありがとうございます。

ENSA、1年ぶりに見たけど相変わらず暴走してました。とにかく速くてうるさい、そんなバンドです。両サイドのケン君、マサヒロ君が仁王像みたいと誰かは言ってたけど、それを凌ぐナカノ君の謎の前に出てくる雰囲気マジでヤバかった。群馬、東京、愛知と3か所で見たけど、どこで見てもやっぱりENSAはかっこいいや。

打ち上げは山ちゃんへ行く。途中からENSAナカノ君のマジックショーになったが本当に凄かった。手先が器用なんだろうね。そりゃベースも上手いわけだ。完全悪ノリで隣の席の人とかにも披露してもらったけど楽しんでもらえたみたいで良かった。最後に店員さんに「なんの集まりですか?」と言われて「バンドです」と言ったらめちゃくちゃ驚いていた。

残ったメンバーで観光がてら歩く。ENSAと行く栄辺りは凄く面白かった。「あれやべぇ」「これやべぇ」ってね。最終的に錦の藤一でラーメン食べてシメ。激辛好きなナカノ君は藤一の辛いラーメン5辛でギブアップしてました。蒙古タンメン中本の北極より辛いらしい。まだ上の10辛があるとは。恐るべし名古屋。

鶴舞に停めていた車へ戻り就寝。やるべき告知があったと思いSNSで告知してから寝た。限界突破した感。凄い角度だったけどすぐ寝れた。ありがとう車。

年始ぶりの企画で久々だったけど、楽しく良い日が作れたかと思う。僕以外の人はどう思ったかわからないけど、その場にいた人は満足して帰れたのではないかなぁと思います。やっぱり現場にいなきゃわからないことってある。あんまり知ったようなことは言わないようにしよう。ちゃんと見たことないけど、踊る大捜査線の名シーンでも言ってたはず。名シーンみたいなところで知っただけなんでそれこそ知ったようなことは言うなって感じか。精進します。

Crows Caw Loudlyはここから8月、9月と連続で企画やります。
8月は8/3にfish、MIKUdAUKO、Emitationを呼んでフリーライヴやります。久しく対バンしていない愛知県のバンドを集めてやる感じです。地元の友達は大事にしたい、そんな感じです。 9月は9/29に東京のハードコアバンドWEEPのレコ発名古屋編を企画します。ここ2年くらい東京に呼んでくれている大久保君がやっているバンドです。対バンはここ数年で気になりまくっている広島の奇天烈ハードコアバンドNuill、名古屋のビートダウンハードコアバンドMURDER WITHIN SIN、愛知〜三重のカオティックハードコアバンドpleasure and the painとありそうでなかった面白い組み合わせになりました。雑多に強力なメンツが集まったかと思います。いろんな人が集まって刺激し合えたら良いなと思います。(今回のフライヤー自作しましたが、かなり良いの出来たな…とたまに見返しています。)

Crows Caw Loudly以外で言うとまずは来週7/13にVIDEO GIRLで初の横浜へ行きます。「初の関東!」と言ってましたが、結成直後に東京へ行ったことがあるようです。なので「初の横浜!」でお願いします。僕が入ってからは初めての遠征なので楽しみですし、かっこいいバンドばかり出るのでそちらも楽しみすぎます。

再来週7/20にTHINK FIXで名古屋上前津ZINNでLOST COMITMENT企画に出ます。上前津ZIONの20周年も兼ねているそうです。久々のZION楽しみであります。

ここ数日暑い日が続きますがまだまだ夏はこれからですね。水分補給とかして熱中症だけは気をつけて楽しくライヴしましょうね。