KURASHI

5月8日(土曜日)

連休明けから平日を2日挟んでまた休日。まだまだだらけた感じは抜け切れないなぁ。

朝、テレビで西尾市の特集をやっていた。3時のヒロインがロケをしていたんだけど、比較的有名な場所ばかりだったのでなんだかガッカリしたり。少しだけ西尾市に住んでた僕が選ぶマジで行くべき飲食店は"エルミタージュヤマザキ"一択です。7席くらいのカウンター席のみの喫茶店なんですが、カレーモーニングが最高なんです。安くて美味。これ大事。あと漫画も割と良い作品が置いてある。「宮本から君へ」はこの店へ通い読破しました。あと今まで読んでなかったスラムダンクもこの店で読破しましたね。店主が体調崩してしばらくは店主のお母さんが切り盛りしてたけど、家庭的料理もたまに出してもらえてそれも良かったな。西尾市に行く際は是非。

tabelog.com

犬山市にあるペニーレインというレコード屋へ行く。最近ペニーレイン小牧店へ行ったんだけど、オールジャンル置いてあってなかなか面白かったのと惜しくも犬山店は閉店してしまうとのことで最終セールをやっていたので足を運びました。犬山駅前にあるショッピングセンター内に店はありました。ショッピングセンターの雰囲気も含めてバナレコ岡崎店を感じました。もう少しこじんまりとしてるけど。小牧店と違ってジャンルはポップスが多く感じた。安全地帯、The MARS VOLTAあしたのジョー映画主題歌を購入した。常連のお客さんらしき人が店員さんとレジで少し話している感じとかがもうなくなると思うとなんだか切ないなぁと思った。店員さんは会計時に小牧店の宣伝をもれなくしていたのが印象的でした。小牧店また行こう。小牧店横のラーメン屋も若干気にはしている。そちらはまたの機会に。

f:id:ryohei-n-0817:20210509181818j:plain

komaki-pennylane.net

そういえば、久々にFISHMANS「空中キャンプ」を聴いてたけど、やっぱ最高なアルバムだなぁ。勢いで7インチ付のチケットも購入した7月から公開される映画も凄く楽しみだなぁ。ドキュメンタリー映画は実に面白い。やっぱバンドって人と人とでやるものだからね。どんなバンドでもそこにはドラマがあるんだろうし。今やパソコンを使えば生音に近いドラムの音も出せるし難しいギターリフやフレーズも簡単に作れてしまうけど、やっぱり人と鳴らす音が1番面白い。それは初めてみんなで音を出した中学生の頃から変わらないなぁ。

最近、昼間にやってる再放送ドラマ「絶対正義」を録画している。4話まで見たけど凄く面白いし恐怖で震える。山口紗弥加のあの不適な笑みが頭の中からこびりついて離れない。来週中には確か最終回まで放送されるはず。早く見たいなぁ。

 

5月9日(日曜日)

朝から新しく始まったバンドの練習。鶴舞のべティックスというスタジオへ初めて行った。アンペグのベースアンプはやっぱり苦手だ。アンプのセッティングは基本的に苦手だ。どういう音が良いかって感覚でやってる。なんか弾いた際の感覚とかもあってなかなか難しい。エフェクター使うようになってだいぶやりやすくはなったけど。前回の曲と新たな曲を始める。うん、かっこいい。つか、一緒にバンドやってる人みんなそうなんだけど、演奏も上手いしなによりもセンスが良くてかなり自分は恵まれているなぁと思ってる。演奏面に関しては僕自身かなり微妙なレベルだとは思うので一緒にやってもらえると本当に感謝してます。今後も楽しみだなぁ。

帰り道、料金が変わった名古屋高速を走る。東別院から清須までの料金が600円だった。前よりは安価ではあるけど、思ったより安価じゃなくてガッカリした。使いにくくなるなぁ。

わりと近所の「町家かふぇ」という喫茶店で昼食を食べる。鶏天定食を食べたけどめちゃくちゃ美味でした。またボリュームもあって大満足。やっぱりボリュームって大事だなぁ。食べ過ぎは良くないけど、腹一杯極力食べたいよ。

f:id:ryohei-n-0817:20210509150918j:image

www.miyabi-cafe.com

最近久々に読み返してた漫画ホットマンを最終巻まで読んだ。「血の繋がりがある」って家族にとって何かと理由にされがちだけど、あんまりそんなことは関係なくて結局は信頼し合える気持ちが大事なんだと思うな。人間なんだし。それにしても本当に良い漫画だ。個人的に序盤のアトピーのくだりで共感できるのが興味湧いたキッカケなような気がする。アトピー本当辛いんです。だいぶ良くはなってるけど完全に治ること多分ないしね。「痒いの我慢しなさい」とか言われても無理なもんは無理なんですよね。寝てる間に気付いたら血塗れなんてこともやっぱり未だにあるしね。ドラマ版はどんな話かイマイチわからないけど、漫画版かなりオススメです。

漫画を読む時は大体ベッドの上で寝転んで読むんだけど、最終巻を読み終えてそのまま眠りにつく。昼寝というか夕寝というか。起きた際の「やっちまった感」は休日とは言え少しある。そろそろ「5月病」なんて言葉聞こえてきそうだけど、負けじとやるしかないですね。梅雨が来て暑くなって嫌な季節が始まるけど、死なない程度に頑張りたいと思います。

今は安全地帯のレコードを聴いてる。安全地帯と言えば、小学校の同級生のクリが確か好きだったよなぁ。いつしか疎遠になってしまった同級生たちも多分それなりに元気にやってるんだろう。「最近何やってんだろう」とかは全く思わないけど。例えるなら元カノのことタラタラ思い返すような。そんなことするほど暇じゃねぇっつーの。今を生きてると実感してる時こそ1番楽しいのでね。fallsショウさんがstiffslackマンスリーのコラムで「暮らしてますか?」って毎回書いている気がするけど、意味とかよくわかってないけど、なんか良いなぁって思います。「なんか良い」この言葉って無責任さあるかとは思うんですけど、この感覚を共有できることがどれだけ大事なことかと思うんですね。理由なんていらないこと沢山あるよ。ちょっとモヤモヤしてたことが払拭された日曜日だったな。さよならサンデー。

 

 

バッティングセンターホームラン打てたらあの子と付き合える。

5月3日(月曜日)

朝6時起床。急ぎで準備を済ませて車で春日井市へ。林君から誘いがあったので久々に一緒に走りました。Rock'n'Roll OR Runのミーティングに久しく行けてなかったので人と走る感覚イマイチ忘れてましたが、日々のAlone Runと比べて100倍以上楽しいので僕みたいなランニング激初心者はマジで人と走ることをオススメしたい。喋りながら走ると自分の限界を超えることな容易くなる。つか、自分の限界ってやっぱ自分で決めるもんじゃないなと思ったりもする。春日井ランナー浜江さんも来て3人で春日井ランナーの聖地(になる予定?)の落合公園〜朝宮公園という林君オススメコースを走る。遊歩道?みたいな木陰道をひたすらに走る。そして登り坂と下り坂が何度も現れる激初心者にはわりとハードコースでしたが林君に坂道の走り方をバッチリ教わり気合いで約9km完走。しんどさもあったけど走り終えるとわかる謎の達成感と満足感は最高。落合公園名物の噴水前で3人でチル。噴水は1回も起きてませんでしたが、休日の朝からランニングして公園でダベるってマジで健康的すぎて野球やってた小学生の頃を思い出したなぁ。

帰宅して少しして家を出る。車内BGMは最近公開された和田君のソロ音源。なんかずっとレコーディングしてるって話を聞いていたのでようやく聴けて嬉しかったし、何よりも曲が良い。本当に尊敬できる最高な友達だなぁと思うわけです。これからもよろしくね。

昼間にやってた再放送のドラマ「絶対正義」が面白くて全話見ようと思った。使ってる配信サービスにはなかったのでテレビの番組表を調べて録画しようかと。とりあえず荒業を使って2話まで見ました。普段ドラマはほとんど見ないのにたまに見たら急にハマり出すんだよなぁ。続きが気になる。

山崎さんに教えてもらったギターの改造を試みようとパーツを探してネット注文した。届くのが楽しみ。どんな風になるのかなぁ。

寝付きが悪くYouTubeを見たりゲームアプリをして深夜3時頃就寝。

 

5月4日(火曜日)

朝8時起床。アラームである程度起きれるようになった自分マジで成長だなぁと思う。実家暮らしの際は大体オカンに起こしてもらっていたので。

11時からEmitationでスタジオへ入る。ライヴ前の最終確認といった感じでセットリストをサラッと通す。良い感じで終えれたのでバッチリかと。

メンバー4人で金山ブラジルコーヒーへ行き昼食を食べる。日替定食のメニューに「奴」と書いてあって「ヤツ」と読んでしまった。「やっこ」ってああいう漢字なんですね。日々勉強です。それにしても久々にメンバー4人で車は乗り移動して凄く懐かしい感じがした。何も考えずにまた遠征とかいけるようになれば良いなぁと。やっぱりバンドで移動の車中は楽しい。

夕方からstiffslackにて東京のANORAK!とくだらない1日のsplit tapeレコ発。1番手のquiquiが凄く良かった。特にイハラダ君のベースが凄く良かったなぁ。また落ち着いたらやれなかったsix packの続きをやりたい。僕たちきっと誰もノセられない。ANORAK!とくだらない1日のレコ発組のライヴを終えてEmitationのライヴ。ANORAK!のVoが僕らのことを「先輩」と言っていてなんかもう若手じゃないんだなぁと実感しつつも、絶対にヘタなライヴできないなと思ったんだけど、結局僕らがやれることっていつも同じでただ単にバンドを楽しんでって感じですかね。トモキ君のシールドが抜けて音が出ないトラブルとかありましたが、トラブル時のトモキ君のシールド繋げずに「音に乗る」感じめちゃくちゃカッコいいなぁとライヴしながら思った。トラブル時の対応ってマジでその人のチカラ出るよなぁ。今回出る予定だったけど、出れなくなってしまったby the end of summerがこの日の為に大量のTシャツを作っていたとのことで少しでも力になれたらと通販の宣伝をさせてもらった。来れなくなって悔しいと思うんだけど、少しでもTシャツが売れて次回名古屋リベンジの際はみんなでby the end of summerのTシャツ着てたら良いなぁと。何人かの方が購入してくれてたと聞いてやって良かった。友達が困ってる時こそ助け合わなきゃね。これからもよろしくね。下記URLよりTシャツや音源の購入可能です。

f:id:ryohei-n-0817:20210505001217j:image

コンビニへ寄って帰宅。シャワーをキメてからレモンサワーをキメる。檸檬堂よりもSAPPORO濃いめのレモンサワーのが好きだなぁと思った。ただ、1本飲んだらもう味覚は死んでるようなもん。思考回路もある程度止まっている気がする。良いライヴの後だからこそ何をやっても良いでしょう。ぶっ飛べるまでぶっ飛びたいですなぁ。とは言ったものの飛ぶのは容易いのだ。燃料は1リットルもいらない。

そういえば、ショウさんが最近実家に帰った際に懐かしいフライヤーを発見したとのこと。丁度13年前。僕たちは別々のバンドで切磋琢磨していた訳です。まさか一緒にバンドやるなんて思ってなかったなぁ。ちなみにhush ruberというバンドは現DIEAUDEのギター蓮川君がやってたバンドです。現在進行形でやれてるからこそ懐かしい話ができるんだなぁと思う。懐かしいだけの昔の武勇伝とかマジでいらないんで。だけどやっぱりうまか隊はもう1度見たいな。

f:id:ryohei-n-0817:20210505001401j:image

各駅停車午後8時

4月30日(金曜日)

ゼロの日ということで駅前の交差点に警察官が立っていた。スクランブル交差点でもないのにスクランブルする若者を見て見ぬふりをする警察官どうだかなぁ。

USGKZ & The equipmentsをずっと聴いてた。ギターサウンドが心地良すぎるうえに歌のシブみがあって最高だなぁと。男らしさへの憧れはあるのかもしれないなぁとぼんやりと思ったり。Large400「Listening26」を久々に聴こうかと思った。PASTAFASTAがカヴァーしてるのも良いですよね。この間YouTubeで久々に見て震えた。

夜、近所の「なか仲」という焼鳥と豆腐を扱う店へ行った。湯葉でサラダを巻いた湯葉サラダだったり豆腐春巻だったりと未知なる料理が全て美味でした。カウンター席もあるし駅前だし、仕事終わりに1杯とかアリ。

コンビニで買い物をして帰宅したらソファで寝ていた。コップ1杯のお茶を飲んで再び眠る。

 

5月1日(土曜日)

朝から電車で名古屋へ。引越し手伝いの為に来たのだけど、初っ端家具アウトレットへ行く。見てると欲しくなる欲望を抑える。ソファとかめちゃくちゃ安かった。丁度部屋の模様替えとかをしてたタイミングだったので色々と妄想しつつもとりあえずあるものでいいやと思い直す。

昼食に「えびすや」という麺屋へ。カレーうどんが美味とのことで唐揚げカレーうどんを食べた。カレーうどんって久々に食べたけど、ヤケド必須なアツさがたまらないですよね。思わず口の中ヤケドした。しかし、それくらいがっつくほどの美味さでした。

f:id:ryohei-n-0817:20210501200258j:image

棚を運んだり洗濯機を運んだりと奮闘する。まぁこの辺りは正直余裕だったんですがラスボスに冷蔵庫登場。大したことないだろと思ってた自分を殴りたくなるような重さと小回りの効かなさにあたふたする。階段とか本当地獄の諸行でした。高校卒業してすぐの春休みに引越し屋で数回アルバイトをしたのにその経験は1mmも生かすことができなかったな。

大雨が降る中、魚錠という気になりまくってた寿司屋へ連れて行ってもらい、刺身や寿司を食べながらビールを飲んだんですが、ビールと魚相性抜群で最高な連休初日かと思いました。バンドの話とか色々して凄く燃えたぎったし、とにかくやるしかねぇんだなぁとシンプルに思った。別に誰に何言われたってそうやって思ってるけど、余計に思うみたいな。基本的に足し算しかできない人間なのでやむを得ないですよね。

帰りの電車、楽しそうに1日を終える人が沢山いた。あー連休だなぁーとか思いつつ、なんか変な気持ちが生まれる。休日くらい好きにやらせてもらいたいもんだ、だけど今はそれが通用しない。なんだかなぁ。しばらくこんな感じのこと続くと何が起こるかわからないな。早く自由に楽しめる時が来てほしいものです。とにかく我慢しつつも自らを極めたい。

雨でも気分は良い

4月28日(水曜日)

天気は雨。朝から長野県へ向けて車を走らせる。今までほとんど走ったことがなかった中央自動車道はやっぱり新鮮だ。ボロボロの道とボロボロのサービスエリアはなんだか哀愁感があってなんか良い。ハンバーガーとかの自販機見るとなんかテンション上がるよね。サービスエリアでは食べたことないけど。

Keep Away From Childrenの3枚のアルバムを聴いてた。なんとなくFUGAZIとかああいうポストハードコアを感じた。今までそんな感じ方しなかったんだけどなぁ。ちょっと実験的な感じあるんだよね。地元にあんなかっこいいバンドがいたということは誇りではあるし、モチベーションが上がる。個人的には「さわぎ出した僕の心のままに」が1番名作だと思う。廃盤ってどこかで見た気がするけど、普通に岡崎のoutside recordsに売ってた気がする。

「やひこ」というラーメン屋さんへ行く。ラーメン、チャーシュー麺、餃子しかメニューがないという潔き良いお店。ラーメンと餃子を食べた。結構寒い日だったから熱々のスープが染みた。味も濃くて美味でした。餃子も1つ1つが肉ギッシリ詰まっていて皮も厚くてモチモチしており美味でした。

f:id:ryohei-n-0817:20210428183140j:plain
f:id:ryohei-n-0817:20210428183149j:plain
f:id:ryohei-n-0817:20210428183152j:plain

tabelog.com

ブックオフサニーデイ・サービス「若者たち」とSNAIL RAMP「GRAVITY」を購入。中学の時、SNAIL RAMPのAlmighty Five Monkeysのイントロのギターを弾いてたやつが何故かかっこいいみたいになってた気がする。久々に聴いたけど、やっぱりかっこいいですね。閉店時によく流れる名曲「蛍の光」は正直SNAIL RAMP聴いて知ったようなもんです。

帰り道は昔ショウさんとよくやってた「元嫁ミックスCD」の遊びを1人でやってた。うん、これやっぱり凄く面白い。サブスクがあると余計に幅広がる気がする。またなんかのタイミングでこの遊びやりたいね。

帰宅してeastern youth「雲射抜ケ声」のレコードを聴いた。というのも前述した「元嫁ミックスCD」でeastern youthがとてもナイスなタイミングで流れたので。星野源からのeastern youthだったかなぁ。アレは震えた。別れた悲しみすら吹き飛ばすような選曲。この先どんなことあってもこの遊びさえあれば乗り切れるかな。それにしても「雨曝しなら濡れるがいいさ」はいつ聴いても名曲中の名曲。

f:id:ryohei-n-0817:20210428184058j:plain

最近、野狐禅の解散ライヴの音源を聴いたけど、やっぱり野狐禅かっこいいですね。アルバムとかはバンドサウンドなんだけど、解散ライヴは2人でやったみたいでそれがまた良いよなぁなんて。ハマノさんのコーラスのヒヨさと竹原さんの図太い声がアンマッチしてるようでマッチしてるのがマジで最高。竹原さんの原点(?)らしき旭川フォークジャンボリーちょっと行ってみたさあるなぁ。旭川という街自体にも興味がある。なんとなく親近感を持てそうなんだよね。なんとなくだけど。

明日も雨かな。

 

Start Today

4月23日(金曜日)

昼間に中津川市へ行った。天気が良い日の高速道路ってなんて最高なんだろうか。過去に1度だけライヴをしたことがある中津川。少し時間もあったので中津川Breathの前まで行ってみた。こんな感じだったかな?と思いつつもまたいつか来れたら良いなぁとなぜだか思えた。


f:id:ryohei-n-0817:20210424231450j:image

f:id:ryohei-n-0817:20210424231447j:image

道中のBGMはKiliKiliVillaからリリースされたコンピ「V.A. / While We’re Dead. The First Year」を聴いていた。最近、このコンピについての面白い対談を見つけて読んでいたら凄く面白かったし、それを踏まえて聴くとまた面白い聴こえ方がした。個人的にOver Head Kick Girl→The Sleeping Aids & Razorblades→Not Wonkと師弟関係みたいなところがあるというのが面白かった。Over Head Kick Girlの橋本君は高校生の頃から同世代のヒーローだったとあって僕で言うところのショウさんみたいなもんかぁと思って染み染みした。久々にKillerpassのレイシズムを聴いたけど、やっぱり名曲。当時アンセム曲となってたはずなのに今は全くライヴでやっていない。バンドの進化って凄いな。やっぱり尊敬できるバンドだと思った。

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

夜、家で酒を飲む。瓶で買ったレモンサワーの素もあっという間に無くなってしまった。作り方が下手なのかもしれないが、既に調合された缶の物で良いなと思った。実際に飲み比べてみたら一舌瞭然。ビールなんかも飲んで気分は好調で記憶を無くす。

 

4月24日(土曜日)

朝、頭痛で目を覚ます。完全に二日酔い。ラムネを食べてシャワーを浴び、コーヒーを摂取すると少しは良くなった気がした。ラムネは朝ではなく寝る前とかに食べた方が良さそうなことをインターネットで見た。効果は実際どうなんだろうか。そもそも記憶を無くし、二日酔いになるまで飲むのも辞めたい。

アコギを弾いて唄ってた。インターネットで歌詞とコードを調べて色々とやってみる。歌は相変わらずな感じで虚しさ覚えた。ハイロウズ「胸がドキドキ」を何度も弾いては唄う。コナン初代オープニング曲ってことで我々世代は馴染み深いと思うんですが、激名曲だと思うんですよね。「作戦たててじっと待つより子どものままでぶつかってゆく」って歌詞凄くグッとくるんですよね。頭使っててもしょうがないぜ。

徒歩でも行けるほど近所のラーメン屋「風見鶏」へ行く。つけ麺が売り切れとのことだったので鶏白湯塩を食べた。ランチタイムは麺大盛りorライスが無料とのことなので麺大盛りにしてるけど、大体食べ終えた後に満腹になりすぎて後悔する。だけど「無料」という言葉に弱いもんですからついついやってしまうんですね。極力大盛りは避けたいなぁと思う日々であります。しかし久々に食べた風見鶏のラーメンは最高に美味でした。稲沢市が誇る最高なラーメン屋かと思ってます。

s.tabelog.com

THE ラブ人間の「恋に似ている」を聴いた。「砂男/東京」というシングルCDをたまたまタワレコで買ったのがバンドを知ったキッカケだったかと思う。かっこつけないダメ人間な歌詞が凄く好きだなぁ。ただ、実際の人間の部分についてはわからないけれど。バンドマンの生活感とかは見えた方が親近感が湧くけど、やはり見えない方が良いことの方が多い気がする。ただ1つ言えることはバンドマンにまともな人は少ないとは思う。というのも、一般論として多分「オタク」はちょっと関わりにくいみたいなのがあると思うんだけど、バンドマンだって「音楽オタク」なわけだからそりゃ関わりにくいと思うわけです。変わった人も沢山いるの知ってる。だけど、そこが人間性あって面白いと僕は思います。

夜、寿司を食べてから桃鉄をやる。久々にやるとやはり面白い。しばらくやってなかったけど、また前のようにやりこみたくなった。ケイン君とやらなきゃなぁ。

 

4/25(日曜日)

朝からスタジオ練習の為、名古屋へ行く。新しくバンドをやることになりました。詳細はとりあえずまだ伏せておきますが、僕はベースを弾きます。ベースはEmitation以外で今のところ弾いていないのでかなり新鮮です。Portraits Of Pastディスコグラフィーを聴きながら向ったけど、車内の時点で1人ハイになってました。練習に向かう際の車内BGMは重要。早速曲作りをしていき、一連の流れは完成した。聴いてはいるもののあまりプレイすることのなかったようなバンドなのでプレイしながらも「かっこいい!」となりました。つか音もわりとデカめでそういうバンドでベースって弾いてないのでそこも含めてアガる瞬間あったなぁ。プレベを使ったんだけどなんとなくこういうバンドはプレベだと思ったり思わなかったり。細かいベースプレイってよりかは大胆にできたら良いなぁと。そもそもそんなに難しいことできないですけど。練習後、ダラダラと喋って帰宅。

使ってない機材とか整理しようかなぁと思ってとりあえずフェンダーUSAのジャズベをケースから久々に出してみた。弦も歴史を感じるような錆び方をしていてこれは最低限弦くらいは替えておかなきゃなぁと思った。楽器を売却したことがないのでどうしたら良いか試行錯誤してみようと思った。そもそも相当ボロいのでどれくらいの価格で売れるかもイマイチわからない。ヤフオクだとかメルカリだとかデジマートでまずは調べてみるかな。ベースアンプのヘッドも悩ましいところではある。修理して使うも大アリだし、とりあえず使えるようにしとくってのも手段かなぁと。あとはエフェクターも使ってないのあるわけだし、この辺りも考えものかな。

コメダでコーヒーを一杯飲む。タバコを辞めてから喫茶店へ行く回数は格段に減ってしまったけど、たまには喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲むのも悪くないなぁと思った。タバコとコーヒー、そしてくだらない会話があれば延々と時間を潰すことができた。1日の大半を喫茶店へいたりしたこともある。過去の自分、相当暇なやつだったんだなぁと思ったり思わなかったり。今もそこそこ暇な人ではあるんですが。忙しい人多すぎでしょ。本当に忙しいかは謎ですが。

人間というのはルールがあるからこそルールを破ってしまうんですかね。なんとなく「ルールは破るもの」みたいなのってヤンキー的思想かと思ってたんですが、意外とそうでもなかったり。誰も真の自由にはなれないんだとつくづく思うわけです。なんとなく自由になれた「気がする」んでしょうね。目の前は真っ白なモヤがかかっている。そうして視力はどんどん落ちていき何も見えなくなる。「いないいないばー」で本当にいなくなってしまうみたいなね。怖い話にありそうだけど、これが多分現実。逃げたければ逃げれば良い。頭の中グルグル回る。

久々にNext StyleのPleasure,Rage,Sad And Comfortを聴いてます。後世に語り継がれる名盤だよなぁ本当。

 

瞬きはしないで。

4月16日(金曜日)

夜、Emitationでの練習の為、今池へ。GWにライヴもあることなので、ライヴでやる曲(セットリストではない)を練習して気持ち良くなりながら、新曲制作。新曲というかカヴァー曲。ライヴでやるかは不明ですが、早くお披露目できればと思います。

帰宅後、録画したアメトーークを見た。漫画大好き芸人で色々と紹介されていたけど、「カラオケ行こ」は凄く興味湧いたなぁ。やっぱり漫画で好きなのは人間味があるもの。戦闘物とかてんでダメ。最近イキガミ読み返してモヤモヤしたなぁ。なんか今の日本に似てるような。

 

4月17日(土曜日)

朝からCrows Caw Loudlyの練習の為、今池へ。今池に泊まっても良かったのでは?と若干思ったが、こんなことはよくある話。最近どんどんと作っている新曲をまた新たに手をつける。前回「GOMNUPERSみたい」と言われた曲。ドラムのリズムが今までにない16分を使っていて、なんとなく和田君の得意分野な気がして良い感じ。謎なフレーズも含めて良い感じに仕上がっていきそう。加速と減速を繰り返す迷惑運転上等な曲ですかね。歌つけなきゃな。練習後、今後の予定を決めていく。とりあえずまたレコーディングすることになりました。詳細は追々。凄く楽しみなんです。

雨の中、今池を徘徊するも心折れて漫画喫茶へ逃げ込む。「死役所」の読めてないところから最新刊まで読んだ。こういう人間味ある漫画が好きなんです。前日にアメトーークで気になった「カラオケ行こ」も読みましたが凄く良い漫画でした。

夕方、ハックフィンへ行く。ハックフィンでライヴを見るのはいつぶりだろうか。多分1月にEmitationでやった時以来かな。初っ端THE ACT WE ACTで始まったけど、やっぱりハックフィンで見るライヴは最高だなぁと思った。音量もデカいんですよね。中音の大きさとかじゃなくて外音がデカいんだなぁ。コレコレって何度も思った。久々に見たKillerpassは新曲ばかりだったけど凄くかっこ良かった。特に「いきたい」みたいなタイトルの新曲がめちゃくちゃかっこよかったです。THE GUAYSも何年振りかに見たけど、やっぱり凄くかっこよくて、僕が中学生だったらTHE GUAYS聴いてバンド始めたくなったりする気がする。SAGOSAIDが最後にやってた6eyesの曲「激しい爆発」が凄く良かったです。

youtu.be

それにしてもハックフィンで見るライヴは本当に最高だ。この場所は本当に無くしてはいけない場所だと思った。だからこそやれることはやろうと思った。自分で自分の好きな場所を無くしてしまうような行動はしたくないなぁと。今は我慢の時、やれることは必ずやるべきだと思う。どうしても高ぶる気持ちは抑えられないときあるけどね。わたる君がTHE GUAYSでブチ上がってたのとかすげぇアガッたなぁ。

コンビニでパスタとレモンサワーを買って帰る。もちろん耳鳴りは鳴り止まない。シャワーを浴びてパスタとレモンサワーで1杯やる。ほどよく酔っ払っても耳鳴りは止まない。少し早い夏が来たみたいに蝉の鳴き声みたいなのがずっと聴こえるよ。ハックフィンから帰るといつもこんな感じだったような気がしてなんだか嬉しい気分になる。

 

4月18日(日曜日)

朝から三重県志摩市へ行く。道の駅スタンパーとして三重県でポツンと1箇所だけある「道の駅 伊勢志摩」へ行き、ついでに美味な海鮮丼を食べようと思いまして。2時間くらいかけて着いた道の駅は沢山の車が止まっていて盛り上がっていると思いきや、同じ敷地内に競馬の馬券を買う場所があって恐らくそこに大量の人が行ってるのかなぁと。道の駅がギャンブルと密接な関係性なのは今までで初めてだったので個人的にインパクトの強い道の駅でした。普通の道の駅ゾーンの売店で海苔の佃煮の試食をさせてもらったけどめちゃくちゃ美味でした。

f:id:ryohei-n-0817:20210418175809j:plain
f:id:ryohei-n-0817:20210418175804j:plain

目的のスタンプも押して昼も近かったので海鮮丼を食べに志摩市内の寿司屋に向かったんですがまさかの臨時休業だったので鳥羽市の店へ行くことにした。数年前に来たことがある道に来て懐かしさを感じながら目的の海太郎というお店へ到着。気になってた海鮮丼は売切れとのことで残念でしたが、「サーモンといくら丼」を注文した。いろんな種類のもの食べたかったなと思ったけど、実際に運ばれてきた丼はエビや貝も乗っていて予想を超える丼でした。予想を上回るって大事ですよね。めちゃくちゃ美味でした。こんなもの毎日食べれるんだったら海沿いに住みたいと本気で思いました。住んだら毎日食べるわけでもないんだけど。

f:id:ryohei-n-0817:20210418180338j:plain

レモンサワーの素?と炭酸水を購入して帰宅する。最近ハマったレモンサワーをもっと美味に飲むにはこういうこともやってみたいなぁと思いまして。少し前に初めて居酒屋でレモンサワーを飲んだんですけど、なんかビールよりも体力持つというか飲みやすかったし、純粋に美味だと思ったのでこれからはレモンサワー飲みまくりたいなぁと思った次第です。お酒の新しい楽しみ方が分かった気がするというか。程々が1番良いですよね。

salt of life「old youngster」を聴いた。聴いたらめちゃくちゃライヴ見たくなってしまった。音源聴いても最高だけど、やっぱりライヴが1番最高だと思うんですよね。先週と今週で最高なライヴを立て続けに見て、ライヴの素晴らしさを再確認できたし、自分自身もっとライヴに対するモチベーションを高めて挑みたいと思えた。単純に誰よりも楽しみたいですね。本当のエモーショナルとは何なのか。そんなこと考えていてもいつまでたっても見つからないと思うなぁ。心の瞳は目を閉じる。

 

 

燃や燃や。

4月10日(土曜日)

記憶を無くすように眠っていたので目覚めた瞬間にハッと寝坊したかのような感覚に陥る。週末なので非常に安心。

棚からレコードやCDを引っ張り出して聴いてた。やっぱりRolexめちゃくちゃかっこいいですね。impulse recordsから出てるコンピシリーズHere Comes The Bottom Lineのvol.4を聴いた。バチバチなコンピはいつ聴いても燃えるなぁ。確か一昨年くらいにナカジ君が家に泊まりに来た際に聴いて盛り上がった気がするなぁ。コンピって良いなぁと思った。

パソコンで外付けHDD内を見ていたら2018年に名古屋246でやったCrows Caw Loudlyの企画の映像を発見した。よくわからない拡張子だったのでmp4に変換して見てた。the blue leeching ambulance songs、THE T.V.DINNERS、Excuse To Travelと今考えても凄いメンツでやれたなぁ。凄く抽象的だけど「コレだよなぁ」って思った。打ち上げ後に韓国料理屋でバチバチにシバかれたのも個人的に良い思い出。アレから自分の中で何かが少しは変わってると思う。

昼から大阪王将を食べに岐阜県まで行く。前日の昼に知立市で食べて炒飯が激美味だったのとカツ丼が気になりすぎて2日連続で食べに行く。意外と愛知県には知立市豊橋市にしかないみたいで1番最寄りは岐阜県だった。そもそも東海地方に少ないみたいです。気になっていたカツ丼を食べたんですが、めちゃくちゃ美味でした。なんというかダシの効いたジャンクさといいますか。ご飯大盛り無料というのも最高ですね。そういえば昔、知立市の店にショウさんとレオと行ってゆずの夏色の替え歌歌ってたらショウさん激ハマりしてたのをふと思い出した。

夕方、電車に乗って名古屋へ向かう。トモさんと軽く飲んでからRippleへ。DANCEBEACHとpleasure and the painのツーマンを見た。3人になったpleasure and the pain凄くかっこよかった。バンドにとってVoがいることがベストなことのが多いと思うけど、なぜだかそれを感じなかった。どういう敬意で3人でやろうと思ったかはわからないが、僕よりも歳上の男達が必死にもがき続けてる姿が僕には凄く刺さったし、とにかくやるしかないというハードコアパンクな部分をビシビシ感じた。後攻のDANCEBEACHを見るのも凄く久しぶりでライヴをやったのも1年2ヶ月ぶりと言ってた。ヤマザキさんのギターがサイクロンになっていて、凄い音を鳴らしていた。ファズ踏んだ瞬間とか世界は完全に変わってたと思う。最近読んだギターマガジンのオルタナ特集になんでヤマザキさんいないんだと思うくらい。なんにせよ、2組のバンドのライヴを見て、「これぞライヴだな」と思った。まだまだ僕の感覚は麻痺していないんだなと思えたことが1番嬉しい。目でも耳でもなく、感性でライヴを感じたい。それで良い。

帰り道、凄くワクワクしてた。この感じ久々だなぁ。

 

4月11日(日曜日)

前日の最高なライヴに触発されて曲作り。前に作りかけていたベースとドラムだけのものを大幅にアレンジし直してみた。というのも前日にライヴで見て感じた疾走感が欲しいと思いましてね。両バンド共異なる疾走感があって、やっぱり疾走感ある曲が好きだなぁと思いまして。こうやってライヴから受けるインスピレーションみたいなものも凄く大事にしてる。普段から聴いてる音楽よりも1回しか見れないその日のライヴのが僕の中では大事なんだと。ギターも入れてなんとか完成。気付いたら15時とかになっていた。

お腹も空いていたので、焼ドーナツを食べる。ヒコハヤシの焼ドーナツ最高に美味だなぁ。

所用で名古屋へ行くついでにRecord Shop A-Zへ行ってNo No Noのレコードを購入した。もしかしたら売り切れてるかもなと思ってたけど、買えて良かったです。通常盤と限定盤が選べたので限定盤を選びました。仕様の違いとかあるけどやっぱり「限定」という言葉に弱い自分は日本人だなぁと思った。帰宅して早速聴いたけど、凄くかっこいい。小細工ナシな正面からど直球で突っ走るのはどんなことでも本当に最高なんだと思う。

コロナ禍になってから人と会う機会が確実に減っているけど、人との付き合い方だけは雑にはしてはいけないと思っている。雑に扱われたと感じた人がいたら申し訳ないと思いますが、こんな時だからこそ、以前よりも丁寧に人との付き合いをしていかないといけないんだと思う。「親しきに仲にも礼儀あり」ってすげぇ大事だし、親しい人ですら礼儀が大事なんだから親しくない人ならもっと礼儀が必要なんじゃないかなぁ。それにしても、いろんな人間がいてこの世は面白いね。みんな違ってみんな良いし、みんな違ってみんな悪い。正義と悪はいつまでもぐちゃぐちゃに交わっていると思うよ。